交差点

交通事故にあったら弁護士を使おう

毎日、いくら安全運転を心掛けていても、交通事故というものは起こってしまいます。

たとえば、信号待ちで待っていた所に、後ろから車が激突してきたり、信号無視で対向車が走ってきたりと自分では防ぎきれない場面での交通事故というものもあります。そんな場合大抵は、保険屋同士の話の末、示談という事になると思いますが、事故のせいで働けなくなったり、後遺症が残るが示談金が非常に低いという事も多くあることです。

そんな場合は、弁護士に相談することを強くお勧めします。

自分の保険を知ろう

弁護士に相談すると、お金がかかるやわざわざ事務所などに行くのも面倒だと思われる方も多いと思われますが、多くの保険には弁護士特約というものがあり、費用はほとんどかからず、自分の保険屋に伝えるだけで弁護士を紹介してくれます。

自分が特約に加入していることを忘れていたり、存在自体を知らないという方も多いと思いますのでこれを機に自分の保険の加入内容を確かめてみることを強くお勧めします。保険の見直しにもつながりますね。

安心のサポート

それでは、その特約を使い、弁護士を雇うとどんなメリットがあるのでしょうか。

まず、示談交渉を自分ではなく弁護士がしてくれるので、本当にこの金額でいいのかと不安な時もしっかりサポートしてくださり、自分の事故の後遺症などに見合った金額を請求してくれます。やはり向こうも仕事なので低い値段で示談交渉してくるというのも少なくない話ですので、そのようなことがないようしかりサポートしてもらえると安心しますね。

交通事故に合った時は、是非弁護士を活用してみることをお勧めします。

交通事故の慰謝料 弁護士基準と保険会社基準による相場

交通事故の慰謝料は、弁護士基準と保険会社基準とで大きく異なるケースがあります。