交差点

示談交渉を有利に進めるには

交通事故が起きてしまった時によく耳にする言葉が「示談」ですが、これは事故の加害者や被害者などの当事者同士が話し合いによって損害賠償の責任の有無や賠償額、またその支払い方法などを決めて、解決することを言います。

一般的に交通事故の損害賠償の問題を裁判で解決することは少なく、多くの場合が示談によって解決されています。そしてその殆どが当事者が加入する保険会社の担当者同士によって話し合われています。万が一保険会社に加入していない場合は当事者本人によって交渉が行われます。

示談交渉のタイミング

交渉が成立すると加害者は被害者に損害賠償額を支払わなければなりません。また、被害者は決められた賠償額以上の金額を請求することはできません。つまり、傷害事故であった場合、交渉成立以降に治療費が掛かってしまったとしても決められた金額以上の請求はできないのです。この為、傷害事故である場合には交渉の成立のタイミングには注意することが必要です。交渉そのものは早くに始めていても問題はありませんが、成立させるのは怪我の治療が終わってからが一般的です。

また、後遺症が残りそうである場合には症状が固定され後遺障害等級の認定がされてからになります。

死亡事故である場合には、事故後すぐに交渉を開始して問題ありません。

示談交渉で大切な事とは

示談交渉で大切なことは、何よりも冷静になることです。事故を起こした直後はどうしても冷静さを欠いてしまい、正しい判断ができなくなる恐れがあります。しかし、焦って交渉を進めると必要以上に低い金額で賠償額が設定されてしまう場合もあります。そういったことに気付かずに交渉を成立させてしまうことが一番の問題です。納得のいくまで何度でも話し合い、自分の意見はしっかりと主張するようにしましょう。

また場合によっては加害者は示談を急ぐことがあります。決断を急かされたり相手に押し切られそうになっても、冷静さを保ち慎重になって話し合うことが大切です。

交通事故の慰謝料 弁護士基準と保険会社基準による相場

交通事故の慰謝料は、弁護士基準と保険会社基準とで大きく異なるケースがあります。