交差点

弁護士費用どれくらい掛かるの?

交通事故の後には示談交渉が行われますが、この時に弁護士が必要になるということもあります。そして弁護士に依頼をするということになれば気になるのが弁護士費用です。

最近では保険の中に弁護士費用を補償してくれる弁護士費用特約というサービスもあるので上手に活用するようにします。

交通事故の当事者になる可能性が全くないと言うことではありません。それは現在の車社会から見ても分かります。このようなときに示談交渉をすべて保険会社がかわりに行ってくれると言うことではありません。

保険会社が示談交渉をしない例

たとえば被害者になった場合、100パーセント過失がないと認められれば保険会社に示談交渉を行ってもらうことができません。自分の任意保険を適用することができないので、その交渉は自分自身で行うと言うことになります。

このときに不安に感じる人は、専門家である弁護士に依頼をすることができます。このほかに示談交渉がまとまらず、調停や裁判になったり、後遺障害や死亡事故などの場合にも弁護士に依頼をする方が安心です。

弁護士依頼にかかる費用

弁護士に示談交渉や調停や裁判の手続きを依頼するという場合には、必要になるお金として弁護士報酬と実費に大きく分けることができます。弁護士報酬には固定報酬となっている着手金と成功報酬である報酬金、そして手数料となります。実費はどのようなものかというと、印紙代や切手代、この他に交通費や通信費というものになります。

弁護士報酬に関しては各弁護士が基準を決めるようになっています。目安を確認したいという場合には、アンケート結果に基づく市民のための弁護士報酬の目安が参考になります。

交通事故の慰謝料 弁護士基準と保険会社基準による相場

交通事故の慰謝料は、弁護士基準と保険会社基準とで大きく異なるケースがあります。