交差点

弁護士に依頼するメリット

車を運転している限り、いつどこでどのような事故に遭うか分かりません。その中で被害者になる可能性もあれば加害者になるという可能性もあるのです。

交通事故にあったときにはまずは示談交渉と言うことが行われます。そこでは解決に向けて加害者と被害者の双方で話しあいが行われるようになっているのですが、専門的な知識がなければ有利に話を進めていくことができません。被害者になったときには慰謝料の請求などで損をすることもあります。

なぜ弁護士に依頼した方がいいのか

このようなことを避けるために専門家を利用するという方法があります。一般的には弁護士に依頼をしているということが多くなっているのですが、ここではいくつかのメリットがあります。

交通事故での慰謝料の金額は、一定の基準を使って算出されるようになっています。しかし保険会社と裁判所とでは使われている基準に差があります。

示談交渉が行われるときには、相手の保険会社から裁判所の基準の金額の提示が行われると言うことはありません。したがって慰謝料の金額に数百万円や数千万円の開きがでることもあるのです。

そこで弁護士に相談!

しかし弁護士に依頼をすれば、ここで適正な慰謝料の請求をすることができます。相手の方から慰謝料の提示が行われたときには、まずは交通事故に詳しい弁護士に相談をすると、慰謝料の金額が大きく上がる可能性が高くなります。このお金は事故によるケガの治療の費用としても使うことができるので、とても重要となります。

また交渉をする際の時間の拘束をされると言うこともなくなります。

交通事故の慰謝料 弁護士基準と保険会社基準による相場

交通事故の慰謝料は、弁護士基準と保険会社基準とで大きく異なるケースがあります。