交差点

交通事故における弁護士の役割

交通事故の被害者になってしまったとき、どのような手続きを取ればいいのかと言うことがはっきりと分からないことが多いです。事故が発生した後には示談が行われるようになっていますが、このときに自分で行った方がいいのか、弁護士に依頼をした方がいいのかと言うことで考えてしまいます。

例えば事故で一方的な被害者となったとき、また提示された示談金に納得が行くという場合には専門家に依頼をする必要はありません。この場合相手の保険会社の提示した金額を受け入れて解決と言うことになります。

しかし実際には・・・

しかし実際にはこのようにすべてスムーズに解決ということが少ないのが現状です。保険会社の提示した金額やしばらく経過してから後遺障害が出てくるというリスクも全くないとは言えません。

また車同士の衝突の場合には、どちらがどれくらいの割合で過失があるのかというとがはっきりしないこともあります。このような過失割合や示談金に納得がいかないという場合には、交渉に時間がかかることもあります。ケガの治療などと合わせて交渉を行うと言うことが困難なこともあります。

交渉を弁護士に依頼する

このようなときには弁護士に依頼をするという方法がとられています。最近では保険会社のかわりに弁護士が被害者の代理人となって、その費用は保険会社が負担するという特約があります。外資系の保険会社などは示談金額を低めに設定していることもあるので、専門家に依頼すると言うことが多くなっています。

交通事故は肉体的だけではなく精神的にも大きなダメージがあります。このようなときに交渉をかわりに行ってくれる弁護士は、穏便な解決のサポートを行ってくれます。

交通事故の慰謝料 弁護士基準と保険会社基準による相場

交通事故の慰謝料は、弁護士基準と保険会社基準とで大きく異なるケースがあります。