過払い金を理解する

過払い金とは貸金業者に対して支払いすぎた金利の金額のことです。長い年月の間に、借金を払い続けてきた方や払い終えた人でも過払い金が発生している場合があります。これを債権者に対して過払い金請求をすることができ払いすぎたお金が戻ってくるのです。

過去に借金がありもしかしたら過払い金があるかもしれないと思っても気を付けなければいけないことがあります。

それは、過払い金請求をするのには時効があるということです。
この期間は、10年となります。最後に借金をした日から10年が過ぎていて、同じ金融業者からまたすぐお金を借入した場合はどう考えたらよいでしょうか。

過払い金請求が難しいケース

10年以上前に一度借金をして返済を終えても、すぐ同じ金融業者から借金をした場合の時は、時効消滅といって最初の借金に関しても請求することができます。ただし、難しい面もあります。

それは、同じ金融業者であっても借入を終えてから数年たってからのでは認められない場合もあり、判断がわかれるところなのです。金融業者に借金をした経験がある人は、一日も早く過払い金請求をしたほうがよいでしょう。それは、時効があるということもありますが借入した業者が倒産しないとも限らないからです。 また、借りた時期によってもう時効が成立しているからと自己判断をしないほうがよいでしょう。

弁護士への相談

まずは、弁護士など専門家に相談することが一番望ましいといえます。自分が払ったお金です。戻ってくるのも自分のお金です。
過払い金請求をすることは、債務者の正当な権利であるということを忘れてはならいなでしょう。