過払い金請求のデメリット

過払い金請求は、不当な利息をとっていた貸金業者から取り戻す正当な手続きなので、デメリットはないうよに感じますが、これが数年前までであればデメリットのほうが多かったのです。

過払い金請求をするとそれだけで信用情報機関に事故情報として登録されていたのです。つまり、今後のローンを組むことやクレジットカードを作成するが厳しくなってしまうのです。

しかし、現在では過払い金を請求することは正当な権利ですので事故情報は登録されないようになっています。
過払い金を請求しても信用情報機関に事故情報として登録されないようにはなったのですが、これは借金をすべて完済して残高がゼロの状態で手続きした場合に限ります。

事故情報の登録

残高に残った状態でも過払い金で完済することができれば事故情報として登録されることはないのですが、残高が残った場合は任意整理の手続きとなって、信用情報機関には契約見直しの情報が登録されることになります。

本来、過払い金を請求するのは完済後にする手続きとなります。過払い金を請求すると決めた場合、はやめに請求手続きをしないと完済から10年の時効が経過してしまいます。

法律事務所に依頼する際のポイント

法律事務所に依頼する場合、どの事務所に依頼するかによっても戻ってくるお金が違います。
そのため料金体系がどうなっているかや、これまでの過払い金返還請求の実績はどうなっているのかをよく確認してから、どこの法律事務所に手続きを依頼するかを決めていく必要があります。無料相談会などを利用して決めるのもよいです。