交差点

損害賠償の妥当な金額は

交通事故では物損事故のほかに人身事故があります。人身事故の場合にはケガをしている人が出てくるので、その治療のための治療費などが必要になってきます。事故で人身事故にあった被害者が一番願うことは、事故に遭う前の体に戻して欲しいと言うことになります。

しかし日本にある法律では、事故によって被害にあったことに関しては、お金による賠償と言うことが基本となっています。したがって人身事故の被害に関しても、お金で請求すると言うことになります。

損害賠償の妥当な金額

このようなお金に関する請求のことを損害賠償といいますが、ここで大切なことは被害者が加害者に対してどのようなことが請求できるのかと言うことです。大切なことは適正な金額で損害賠償をするということです。これが正しいかどうかに関しては、損害の実態が妥当な金額として考えられているのかと言うことで判断するようになっています。

交通事故で賠償される損害に関しては大きく3つに分けられています。

3つの損害賠償とは

そのなかに事故によって出費を余儀なくされた費用があります。これはケガの治療費や通院のための交通費などになります。

また事故に遭わなければ得ることができた利益もあります。たとえば仕事の給料などですが、休業損害や逸失利益などになります。

また事故によって受けるダメージは精神的なものが多いです。この他に肉体的なダメージもあります。これらに対して支払われる慰謝料も損害賠償となっています。

またケガの治療を続けている中で、これ以上の回復が見込まれないと判断されたときには、後遺障害として等級に応じた賠償を受けることになります。

交通事故事典 - 知識武装で慰謝料・示談金交渉を有利に!

交通事故に遭ったらまず見るべきサイト。慰謝料交渉は事前準備で差がつきます。