交差点

慰謝料請求の流れ

相手の過失によって交通事故に遭ってしまった時はパニックになります。初めて事故に遭った時は首に罅が入ったらしく、後で熱が出たり、首が回らなくて大変でした。その時にもっと適切に慰謝料に関して具体的に弁護士さんに相談すれば良かったと後悔したものです。

後遺症が後で出てくる場合もあるようですので、事故を起こされた場合は直ぐにレントゲンを撮って置くと、将来もし裁判になった時に証明になると経験者の方からアドバイスを受けました。小さい交通事故でも、首に少しでも罅が入ると熱が出て来るとあの時分かりました。

私の体験談

事故を起こした本人の誠意の無さに当時はストレスになって、体調の悪さも加わって今考えても気分が悪くなります。直ぐに弁護士さんに相談すべきでした。せめて、カイロプラクティックに定期的に通ったのですが、その費用と交通費ぐらいでも慰謝料を受け取るべきだったと思います。

交通事故に遭った時はパニックにならず、サッサとどんな風に有利に進めるかを頭にシミュレーションをして置くと良いようです。あの交通事故を経験したので、今は保険会社の電話番号も携帯に入れてあります。

経験から学んだ事

一度事故の経験をすると色んな事を学ぶようになります。最初は運転するのも怖くなったものですが、時間と共にそれも消えました。携帯で事故で変形をした車体の部分の写真を撮って置くことも大事です。それはもし加害者だった場合、相手から余計な言いがかりを付けられない為にも必要だと知りました。

車は今後も気分良く乗って行きたいので、どんなに気を付けていても将来有りえる事故に備えて出来るだけ知識を持ち、手に負えない場合は弁護士さんに相談すると後で後悔しません。

交通事故事典 - 知識武装で慰謝料・示談金交渉を有利に!

交通事故に遭ったらまず見るべきサイト。慰謝料交渉は事前準備で差がつきます。