交差点

保険金受け取りの流れ

多くの人が自分だけは大丈夫と思っているのが交通事故です。安全運転を心がけているという人や、自分の運転に自信があるという人でもいつ起こるかわからないものです。いくら注意していても自分の不注意ではなく、相手の不注意によって事故に巻き込まれる可能性も十分あります。

いざ事故にあってしまってから慌てるのではなく、いつ起きても大丈夫なようにあらかじめ、最低限何をしなければならないのかを知っておく必要があるのです。

まずは警察に連絡

交通事故に遭ってしまった人がまず思うのは何故こんなことになってしまったのかということが多いですが、事故が何故起きたのかを追求するよりもまずしなければならないのは警察への連絡です。中にはちょっとした事故であるならば大事にしたくないと思い、警察への連絡を怠ってしまうということもあるでしょう。しかし、警察への連絡というのは後々になって保険金に影響してしまうので必ず行わなければなりません。

保険会社に保険金を請求するには警察に事故証明を出して貰う必要があるのです。

損をしないために

後ろから追突された場合などに大きな事故でなければ示談で済ませてしまうようなこともあります。しかし、車への影響はともかく身体への影響というのはすぐにはわからないという事も少なくありません。事故から数日経ってから影響が現れるという可能性も十分あるのです。

そういった時にしっかりと手続きしていないと、保険金を請求出来なくなってしまったりと後々になって損をしてしまうこともあります。交通事故に遭ってしまった場合には面倒でもしっかりと手続きを行うようにしましょう。

交通事故事典 - 知識武装で慰謝料・示談金交渉を有利に!

交通事故に遭ったらまず見るべきサイト。慰謝料交渉は事前準備で差がつきます。