安全運転

交通事故を起こしてしまった場合

交通事故を起こしてしまった時は誰でも慌ててしまうものです。しかし、まずは冷静になることをお勧めします。そうではないと、スムーズに対処することができないからです。

まず、ケガ人の確認をします。軽症であると分かっていても、すぐに救急車を呼ぶことが大事です。警察への連絡ももちろん行います。場合によっては救急車を呼んだ時に、救急隊員が気を利かせて警察に連絡してくれることもあります。

交通事故を起こした場所の状況から、交通整備が必要になることもあるため、周囲にも協力を仰いだ方がいいかもしれません。

周囲にも協力をお願いする

ケガ人に対して応急処置が必要な場合には、周囲にも協力を求めて対処します。人工呼吸が必要なこともあれば、AEDが必要になることもあるからです。交通事故を起こしてしまったことで気が動転してしまうことももちろんありますが、同乗者が居たり、被害者となった側にも同乗者が居ることもあったりするため、深呼吸して気を落ち着けなくてはなりません。

自分しか居なかった場合には、通行人などにもできるだけ協力してもらうことをお勧めします。

冷静になる事が第一

そうすることによって、多少は気持ちを落ち着けることができやすくなるからです。もちろん、後で協力してくれた人たちにはお礼をすることを忘れてはなりません。そのためにも、連絡先を聞いておくことをお勧めします。

このように、一つ一つ落ち着いて対応していけば、難しいことはありません。後は救急車や警察が来てくれれば、指示通りに従うだけです。保険などの対応に関しては、現場検証などが済んでからになるので、これもまた手続き関係の指示どおりに行うことをお勧めします。

交通事故の慰謝料示談

交通事故の被害に合われた方は、当弁護士事務所へご相談ください!
後遺障害や死亡事故の交通事故に、豊富な実績を誇る弁護士が真摯に対応いたします。